緊急時もなるべくおちついて!災害への準備とは

大震災が起きた際に死亡した被災者の死亡原因の内多いのが、火と調度品が倒れ為の圧迫死と言われています。無造作に設置してしまった調度品が倒れる事で、怪我をしたり亡くなってしまうことを少しでも減らすには、はたしてどの様にすれば有効なのでしょう。家での災害対策に当たっての最低限は布そして水、バッテリーです。これまでにたくさんの被災者達が、風呂敷類はたいへん実用的だったと言っているためです。そしてペットボトルの水も常備する様にしてください。飲んでしまった後でも、ボトルはそうとう有用な防災用品なので、災害の時は投棄せずに大いに活用するようにして下さい。野外用品には、取り回しが便利で何処でも煮焚きが出来る固形燃料等が販売され、気軽に入手可能です。実際に使ってみつつそのような道具の扱いに慣れておけば、万が一の場面でも貴方の家人あるいは周りの人たちをアシストする事が可能な訳ですから、是非研究していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です